×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2006年7月14日(金)〜16日(日)

外構工事、第5弾がはじまりました。

今回は、バックヤードの整地、物置の床のコンクリート打設とドアと窓取付け、自転車置き場の仕上げ、それからなんとゲートが出来上がるようです。

 

バックヤードを整地して防草シートを敷き詰めます。

 

砂利が来ました。普通の色のだけれどそんなに違和感なかったです。我が家の外壁の配色からするとおしゃれレンガ色の赤っぽいのよりこちらの方がしっくりくるようです。

 

きれいに敷き終わりました。父が植えた朝顔にも木で枠を作ってくれました。この北側花壇は父コーナーに決定。実家は庭がほとんどないので、何か植えたくてしょうがないんですよね。

北側バックヤードの隣の家の境界まで3メートル空かせたので陽当たりもそれほど悪くないです。3メートルの距離を取ったことで準防火地域の延焼ラインをクリアできて北側の窓も編入りガラスにしなくてすみました。

整地して砂利を敷いたお陰で広々見えます。じめじめ感が無くなったのも良いですね。

 

バックヤードから連続して東側の自転車置き場のほうまで砂利敷きになりました。区切りのレンガも良い感じ。こういうなに気ないところにも和久井ガーデンのこだわりが出るんですよ。

 

自転車置き場に雨樋と壁がつきました。これで隣の建物のタンクとかの目隠しになりました。

家の外壁に防犯用もかねた人感センサー付きライトがあるのですが暗くなって自転車置き場に行くと明かりが自動で付いてちょうど良い具合です。

 

物置の入口。かわいいでしょう♪これも和久井ガーデンの得意技です。

 

内部もつるっつるにきれいにコンクリートで床ができました。 

 

ドアが付きました。

 

これから取り付ける窓。

道具がたくさん並んでいるのって、なんだかかわいいですよね。

 

ドアの金具。

 

ドアの塗装も終わり窓も付きました。窓枠塗装はまだです。カントリーブルーに塗る予定です。廃番になってしまったカントリーブルーの塗料が手に入るようになるらしいです。よかったです。カントリーブルーは和久井ガーデンカラーなのです。うちのフェンスが茶色になってしまったのはちょっと残念かもしれませんが、我が家の配色としては茶色も良かったと思っています。 

 

ゲート作成中です。途中ですごい雷と土砂降りの雨と雹。15日は大変な天気になってしまいました。ふと考えると外構工事中、よくお天気の心配をしているような気がします。もしかして…道夫さん…雨男…?

 

ゲートのてっぺんに風見鶏も付きました。風見鶏の付いた家、いいなと思って良たのですがゲートで実現できました。

 

植物の配置が少し変わりました。

近所のこちらも道夫さんが手掛けた義理兄の庭の木が大きくなりすぎて混み入ってきたので我が家の庭に移植しました。

 

東側にあったネグンドカエデが西側に来ました。

 

ベランダ時代からプランターで育てていた白いクレマチスはゲートに絡み付くように地植えになりました。ベランダと違ってどんどんツルをのばせます。来年の春の開花が楽しみです。

 

だいぶ全体の形ができてきました。

家に来る宅配便のおじさんも「だいぶできてきましたね〜」と言ってくれます。
木が育って、フェンスとかもなじんで良い色になっていくのが楽しみです。